カードローン審査

MENU
  • 「急な出費が重なってしまった!!」
  • 「今月はどうしてもお金が足りない!!」

 

このようなお金のピンチは誰にでも起こりうるものです。そこで上手に利用したいのが「カードローン」による借入です。素早い借入が可能で、自由にいつでも利用できるカードローンを上手に活用することで、日常生活のお金のピンチも脱出することができるでしょう。

 

ただしカードローンを利用するには審査に合格する必要があります。初めてカードローンの利用を検討される方で、安定した収入がある方であれば、まず審査に不合格となることはないでしょう。しかし既に他社で借入を利用していたり、過去の返済で遅れを生じていた方は、審査でも不利となることもあります。

 

  • 「初めてカードローンを利用したいのだけど、審査とはどのようなものなの?」
  • 「はたして私でも審査に合格できるのだろうか?」

 

このような悩みをお持ちの方に、カードローンとその審査について説明しましょう。

 

カードローンとは?

そもそもカードローンとはどのようなローンなのでしょうか?

 

カードローンとはその名の通り、専用のカードを使用してお金を借りるローンのことです。審査に合格すると借入専用のカードが発行されます。そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入を行います。ちょうど銀行のキャッシュカードを使用して現金を引き出す要領ですが、自分の預金を引き出すわけではなく、あくまで借金ですので注意しましょう。

 

最近ではカードを使用しないで、融資金を指定した銀行などの口座に振り込むタイプのカードローンも増えてきています。インターネットや電話などで申込を行うと、早ければ瞬時に振込が完了します。このようなタイプのローンをカードローンと呼んでいいものかどうかわかりませんが、最近ではカードレスのカードローン(?)も登場しています。

 

カードローンにはあらかじめ借入可能な「借入限度額」が設定されています。「借入限度額」の範囲内であれば、何度でも繰り返して借入を利用できるようになっています。例えば一度借入限度額いっぱいまで借入を利用した場合でも、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して何度でも繰り返し借入を利用することができます。

 

またカードローンで借りたお金の使い道(資金使途)は特段限定されていません。何に利用するのかを借入の都度いちいち申告することなく、いつでも自由に使うことができます。一部の利用禁止事項(ギャンブルや投機性資金など)に違反していなければ、自分の都合に合わせて多様な目的で活用することができます。

 

カードローンの種類とは?

カードローンを取り扱う金融機関には様々な先があります。
それぞれに特徴がありますので、自分の都合や生活スタイルなどに適した先を選ぶようにしましょう。

 

銀行のカードローン

大手メガバンクや地方銀行などが取り扱うカードローンです。
普段から利用する機会の多い金融機関ですので安心感や信頼感が高いといえるでしょう。

 

全体的に低金利のカードローンが多く、借入限度額も高額の商品が目立ちます。
また「総量規制」の対象外ですので、条件次第では高額融資も十分受けることができます。
ただしその分審査基準が厳しくなっており、また審査時間も必要とする先も多くなっています。

 

ネット銀行のカードローン

最近人気の高いのがネット銀行の取引です。
基本的に有人店舗を持たず、すべての取引をインターネットを利用して行います。
ネット銀行のカードローンも総量規制の対象外で、条件次第で高額融資も可能です。

 

また一般金融機関に比較してはるかに低金利で提供されている点も大きな魅力となっています。ただしこちらも審査時間がやや必要となることもあり、スピード感に難点があるといえるでしょう。

 

消費者金融のカードローン

逆にスピードを求めるのであれば、消費者金融のカードローンが最適です。CMなどでもおなじみの消費者金融は、そのほとんどの先が「即日融資」に対応しています過剰な取り立てなどが一時期問題となりましたが、2010年の貸金業法の改正以後、規制の強化も進んでおり、安心して利用できるようになっています。

 

最近ではメガバンクの傘下に入っている消費者金融も多くなり、安心感や信頼感も増しているといえるでしょう。ただしあくまで消費者金融ですので「総量規制」の対象です。
また銀行カードローンに比較して、若干金利が高めとなっています。

 

カードローンの審査の基本とは?

このようなカードローンも審査に合格しなければ利用することはできません。
カードローンの審査基準は各社で異なっており、また一般的には公表されていません。
例えばある消費者金融の商品案内には、利用できる方の条件として次のように表記されています。

 

「20歳以上、69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、当社の基準を満たす方」

 

年齢についての説明以外は非常にあいまいになっています。
とくに「当社基準を満たす」という部分が非常に判断に迷う点ではないでしょうか。

 

 

一般的にカードローンの審査に高い確率で合格できる方の条件は次のようなものが挙げられます。

・初めてカードローンを利用される方
・安定した収入(最低でも年収200万円以上)のある方
・今まで延滞実績のない方

 

 

逆に厳しく判断される方の条件としては次のようなものを挙げることができます。

・他社でたくさんの借入がある方
・今までに延滞を引き起こしたことがある方
・収入が少ない、まったく無い方
・いわゆる「ブラック」である方

 

カードローンの審査とは「貸したお金が確実に返済されるかどうか」の判断です。

 

確かに審査基準は公表されていませんが、審査の目的を考えると、その内容はある程度想像できるといえるでしょう。

 

カードローンの審査ではどのような点を判断するのか?

 

では実際の審査ではどのような点に注目するのでしょうか。
審査のポイントとして判断する項目は、主に次のような点が考えられます。

 

・年収→安定した収入があるかどうか
・勤務先→公務員や大企業で有利、零細企業や自営業は不利
・勤続年数→同じ会社に長い期間勤めていると有利、1年未満はかなり不利になります。
・居住形態→持家が賃貸に比較して有利
・電話保有状況→携帯電話だけでなく固定電話もあれば有利
・滞納金→公共料金やクレジットの支払いの滞納がある場合はかなり不利になります。
・他社の借入状況→多額の借入を利用していると不利

 

このような項目は、ほとんどが「申込書」に記載する内容です。
つまり申込書の情報全体が審査に影響を与えるものであるということを覚えておきましょう。

 

これだけはNG!!カードローンの審査で絶対にやってはいけないこと

申込書の内容が審査に影響を与える!!
このことを意識する方が陥る失敗について説明しましょう。

 

申込書に嘘の内容を記載する

自分をよく見せようとするあまり、申込書に虚偽の内容を記載してしまうのです。

 

・年収を多く記入する
・勤続年数を長く記載する
・他社の借入を少なく申告する

 

このような嘘を記載しても、すぐにばれることになります。
たとえ内容を裏付けする書類がなくても、不自然な嘘はすぐにばれることになるでしょう。
審査を行う担当者は金融のプロです。素人がついた嘘は即座に見破られてしまうでしょう。

 

あなたは嘘をつく方を信用できるでしょうか。
ましてや嘘をつく方に対して大切なお金を貸すことができるでしょうか。
カードローンの審査においても同様のことがいえます。

 

たとえ嘘をつかなくても十分審査に合格できるだけの能力があったとしても、わずかな嘘が致命傷となる危険もあるのです。「どうしても審査に合格したい」このような気持ちはわかりますが、申込書は正しく真実の内容を記載するようにしましょう。