カードローン審査

MENU

カードローン返済計画の立て方

カードローンを利用する場合、もっとも大切なことは何でしょうか。
それは「最後まできちんと返済する」ということではないでしょうか。

 

万が一返済が滞ることになると、最悪資産関係をすべて失い、以後の人生を棒に振る危険性もあります。そのためにもカードローンの利用前には、慎重に返済計画を立てて無理のない利用を心がけるようにしましょう。

 

現在の状況を把握する

返済計画を立てるために、まずは自分の現在の状況を正しく把握しましょう。

 

  • 毎月の収入はいくら?
  • 家賃などの固定費はいくら?
  • 食費などの変動費はいくら?

 

基本的に「収入ー支出」の額(可処分所得といいます)が返済可能金額となります。
この範囲内で返済できないカードローンの利用は絶対に避けなければいけません。
「将来出世して収入もアップするから問題ない!」という甘い考えは捨てるようにしましょう。

 

 

可処分所得が不足する場合には、次の対策を練る必要があります。

  1. 収入をアップする→本業の他に副業を検討する方法があります。
  2. 支出を削減する→固定費の削減は難しいので、食費や交際費、保険料などの見直しを行うようにしましょう。

 

ただしこれら以前にまず考えなくてはいけないことがあることを覚えておきましょう。

 

必要以上の借入をしない

そもそもカードローンで借りようとしているお金は、本当に必要なものなのでしょうか。
一時的な購買欲などによるものではないでしょうか。自分の自己努力でなんとかならないものなのでしょうか。

 

借りたお金は必ず返済しなければいけません。しかもカードローンの場合には、借りたお金に対して高い利息負担が生じることも多くあります。必要以上の借入は絶対に避けるようにしましょう。

 

返済シュミレーションの活用

返済計画の立て方としては、毎月の返済額から判断する方法と、返済月数から判断する方法があります。利息を含めた返済金額の算出には、各社のホームページなどに準備されている返済シュミレーションツールを活用するようにしましょう。

 

毎月の返済額から判断する場合には、利用希望額÷返済額を借入利率で計算することで、返済月数を計算することができます。毎月の返済額が少ない場合には、返済期間も長期化する可能性があります。その分利息負担も多くなりますので注意しましょう。

 

返済月数から判断する場合には、利用希望額÷返済月数を借入利率で計算することで、毎月いくら返済する必要があるかを計算することができます。自分で決めた返済期間内に返済を終了したいと考える方は、この方法で返済計画を立てるようにしましょう。