カードローン審査

MENU

カードローンのメリットとデメリット

急な出費、まとまったお金が必要な場合、手元のお金が不足する場合、あなたならどのように対処するでしょうか。親や知人に頼みこんでも、理解を得るのに時間がかかり、急んな出費には間に合わないかもしれません。

 

そこでカードローンによる借入を検討してみてはどうでしょうか。

 

カードローンとはその名の通り借入専用のカードを使用してお金を借りるローンのことです。
銀行、消費者金融、その他の金融機関で、非常に多くの商品が提供されています。まずはカードローンのメリットとデメリットを比較して、自分にあった利用方法を検討してみましょう。

 

カードローンのメリット

何度でも借入できる

カードローンには借入可能な「借入限度額」が設定されています。
基本的にはこの「借入限度額」の範囲内であれば、何度でも借入を利用することができます。

 

一度借入限度額いっぱいまで借入した場合でも、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して何度でも借入することができます。その場合も再審査を受ける必要はなく「一度借入したらそれきり」という仕組みではないのです。

 

資金使途が自由

カードローンの資金使途(借りたお金の使い道)は特段限定されません
競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金などのいつくかの禁止事項を除いては、何に利用しても問題にはなりません

 

生活費の足し、旅行代、オークションの入札代、洋服代などどのような目的に利用してもかまいません。利用の都度、その目的を申告する必要もなく、様々な用途に自由に借入することができます。

 

無担保・無保証

カードローンは基本的に「無担保・無保証」のローンです。
申込に際して担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。
返済に十分な収入などが問題ないと判断されることで、誰でも利用することができます。

 

カードローンのデメリット

金利が高い

資金使途が自由・無担保・無保証のカードローンは、やや金利が高い傾向にあります。
住宅ローンや教育ローンなどの目的型ローンと比較すると、金利が高くなっています。

 

とくに借入限度額100万円以下の場合、そのほとんどが10%を超えた金利となりますので注意が必要です。その分返済負担も大きくなりますので、より念密な返済計画が重要になってきます。

 

返済に時間がかかる

何度でも利用できるカードローンは、その分返済が長期化しやすくなります。
ある程度返済した後、また追加で借入するという悪循環に陥りやすくなるのです。
返済が長期化することで、利息の返済負担も大きくなりますので注意しましょう。

 

借金に対する意識が低下する

カードローンは銀行などのATMにカードを投入するだけで、簡単にお金を借りることができます。しかし手軽な反面、つい「借り過ぎてしまう」という事態に陥りやすくなります。

 

「自分の口座から現金を引き出している」という錯覚に注意しましょう。