カードローン審査

MENU

カードローン無審査には要注意!!

  • 「無審査で借りるカードローン!!」
  • 「誰でも即融資可能!!」
  • 「ブラックでもOK!!」

 

街中の金融業者の中には、このような宣伝を掲げている先があります。
電柱の張り広告や、郵便受けに無造作に投函されるチラシなどに、このような文言を見かけることもあるでしょう。

 

カードローンの利用を考える方にとっては、非常に魅力的な内容に思えるかもしれません。
はたして無審査でカードローンを利用することは可能なのでしょうか

 

無審査のカードローンはあり得ない!!

お金を「貸す側」の立場に置き換えて考えてみましょう。

 

  1. 全く知らない方にお金を貸すことができるでしょうか。
  2. そのような方を、ろくに調査しないで「確実に返済可能」と判断できるでしょうか。

 

通常の金融業者では、利用者の調査を行わないで融資を行うことは絶対にありません。

 

ろくな審査無しで融資を行うことは、それだけ返済不能に陥る債権が増える危険性が高まります。そうなると、無理な貸付を顧客に対して行わざるを得なくなり、貸し渋りなども出てくることになります。

 

経営自体も傾き、自社の利益を確保するために、現在の利用者に対しても無理難題を強いる結果となるでしょう。厳密な審査は、現在利用中の顧客の利益を守るためにも必要不可欠なことなのです。

 

利用者保護の観点からも、審査を行わないということはありえません。

 

無審査のカードローンの実態は?

しかし実際に「無審査」を宣伝している金融業者は存在しています。このような業者は、顧客の利益などは考えていない、いわゆる「闇金」である金融業者なのです。また「詐欺」行為として認識される営業を行っている業者も存在しています。

 

「闇金」「詐欺」の危険性は、多くの方が思いつくでしょう。
しかし「どうしても借りたい、他の金融機関で借りることができない」と精神的にも追いつめられる方は、「無審査」という甘い言葉に惑わされてしまうのです。その結果、闇金被害、詐欺被害が拡大していくことになります。

 

「無審査」という言葉に反応する方は、次のような事情を抱えているのではないでしょうか。

 

  • 「他の先で借入しているので、審査に合格できる自信が無い」
  • 「今すぐ借りたい、審査を受ける時間も無い」
  • 「多重債務を抱えている、審査を受けても合格できないことが分かっている」

 

精神的に追い詰められているからこそ、常識ではありえない「無審査」の言葉に騙されてしまうのです。

 

闇金に騙されないために

では「闇金」に騙されないためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
冒頭で述べた一見魅力的な条件を掲げている業者を、闇金と見抜くポイントについて考えてみましょう。

 

登録番号の有無

正規の金融業者、つまり貸金業の登録を受けた業者は、必ず県知事や財務局長からの登録番号を保有しています。

 

例えば「関東財務局長(9)第○○○○○号」という登録番号を保有しています。
怪しい金融業者を見つけた場合には、まず登録番号が広告などで確認できるか見てみましょう。

 

貸金業登録票の有無

登録を受けた金融業者の店舗には、必ず貸金業登録票が掲示されています。
店頭に行く機会があれば、窓口などに貸金業登録票があるかどうかを確認しましょう。

 

営業所の有無

登録された業者であれば、必ず英魚書を構えています。
特に固定電話番号などがない「090金融」などは違法性が高い業者ですので注意が必要です。
小規模な悪徳業者の中には、広告などの住所や電話番号が嘘の提示を行っている先もあります。

 

その住所が実在していることなどをグーグルマップで確認したり、実際にその場所に足を運んでみたりするなどして、念入りに確認するようにしましょう。

 

金融庁の登録貸金業の情報検索サービスを活用する

少しでも疑念を感じる業者は、金融庁のデータベースで正規の登録業者であるかどうかを確認するようにしましょう。

 

万が一闇金業者に騙された場合には、速やかに弁護士などに相談するようにしましょう。