カードローン審査

MENU

カードローンのおまとめ!

カードローンは手軽に利用できるローンとして人気があります。その反面つい借り過ぎてしまうという欠点もあります。気がつけばいくつもの先でカードローンを利用してしまい、毎月の返済の管理だけでも大変という方も多いのではないでしょうか。

 

そのような場合には、カードローンのおまとめを検討してみてはどうでしょうか。
おまとめ、つまりカードローンを一本化することで、これまでまちまちだった返済日や返済金額が統一され、精神的にも楽になるでしょう。

 

より低い金利のカードローンにおまとめすることで、以後の利息返済負担を大幅に減らすことも可能になります。

 

おまとめローンとは?

最近では多くの金融機関がおまとめローンを商品化しています。

 

おまとめ専用ローンを提供している先や、一般のカードローンをおまとめ目的で利用を認めている先など、様々な商品が登場しています。

 

おまとめローンはいわゆる「総量規制」の対象外です。
借入金額が年収の3分の1という制限を受けませんので、ある程度の高額なおまとめでも条件次第で利用することができます

 

ただしおまとめローンでも審査に合格しなければ利用することはできません。その性質上申込金額が高額になる傾向にあるおまとめローンは、審査基準も厳しくなる傾向にあります。総量規制の対象外とはいっても、年収の3分の1を超える範囲でのおまとめローンは、審査でも厳しい判断を覚悟しておきましょう。

 

このような方はおまとめローンの審査に合格できない!!

とくに次のような方は、おまとめローンの審査でも厳しく判断される傾向にあります。

 

借入件数が多い方

おまとめローンの審査では、借入金額とともに借入件数も大きなポイントになります。
あまりたくさんの借入を利用されている場合、その借入をおまとめ対象とするかしないかにかかわらず、審査では厳しく判断されるでしょう。

 

具体的には4社以上の先で借入を利用している場合、多くの金融機関では不合格となってしまいます。

 

カードローンの審査で判断される信用力は、ひとつの金融機関からの借入が多いほど高いと判断される傾向にあります。1つの金融機関で100万円借入している方と、3つの金融機関で合計100万円借入している方では、前者がより信用力が高いと判断されます。おまとめローンの審査でも同様の傾向にありますので、細かい借入をたくさん利用している場合は、審査でも不利になることを覚えておきましょう。

 

勤続年数が短い

収入自体が多くても、勤続年数が短い場合では、審査でも厳しく判断されます。
勤務し始めの方や、転職が多い方は、それだけ審査でも不利となるということです。

 

勤続年数の目安は金融機関で異なりますが、短い先で半年程度、長い先で1年程度は必要とされています。逆に3ヶ月未満であれば、まず審査では合格できないでしょう。

 

短期間でたくさんの申込を行っている

いわゆる「申込ブラック」という状態です。
審査に合格したいあまり、いくつも金融機関に申込を行うと、それだけで審査では不利となります。

 

申込情報も個人信用情報に記録され、短期間に多くの申込情報が確認されると、審査でも合格することはできません。おまとめローンの場合は、あまり緊急性を要求される場面は少ないでしょうから、申込は慎重に行うようにしましょう。

 

個人信用情報に事故情報がある

こちらは個人信用情報の「ブラック状態」にある場合です。
長期の延滞(おおむね3ヶ月以上)や債務整理の情報が、個人信用情報で確認されると、まず審査には合格できません。

 

たとえおまとめローンで返済負担が軽減される状況であっても、過去の信用が欠如している方を信用して融資を行うわけにはいきません。ブラック情報は5年~10年は保存されますので、その間はおまとめローンの審査も合格することはできないでしょう。