カードローン審査

MENU

カードローンの審査基準

「カードローンを利用したいけど、はたして審査に合格できるだろうか?」
このような不安を抱える方は少なくないでしょう。

 

カードローンの審査に関する確実な情報は、どのような金融機関も開示していません
審査に合格できる確実な方法、いわゆる裏技的な方法は存在していません。

 

しかし審査に関する情報が全く無いわけではなく、いくつかの審査ポイントを押さえておけば、どのような金融機関でも十分合格することが可能です。

 

まずはカードローンの審査基準について考えてみましょう。

 

年収について

カードローンの審査でもっとも重要視されるポイントは、やはり収入面でしょう。
お金を貸す側としては、当然返済できるだけの収入がなければ、返済が滞ってしまうと判断することになります。

 

もちろん収入額が多いほど審査では有利になりますが、それ以上に大切なことは「収入が安定して」いることです。いくら高額収入の方でも、毎月の収入が不安定な場合には、審査も不合格となることもあります。

 

最近ではアルバイトやパート、派遣社員など収入が少ない方でも利用できるカードローンが増えてきています。もちろんこの場合でも「収入が安定している」ことが条件となります。また「総量規制」の対象となるカードローンでは、年収の3分の1以上の利用はできません。

 

一般的に「年収400万円以上」であれば、審査でも問題ないと判断されています。
逆に「年収200万円以下」の場合では、審査でもやや厳しく判断されているようです。

 

居住形態について

カードローンの申込時になぜ「持ち家か、賃貸か」聞かれるのか、と疑問に思いませんか?
これにもしっかりとした理由があります。

 

まず、持ち家であれば審査でも信用が高いと判断されます。持ち家であれば、簡単に夜逃げをすることができず、また資産価値としても高い評価を得ることが可能です。ただし、賃貸だからといって審査で不利になるとも限りません。その他の項目で問題なけれれば、それほど気にすることもないでしょう。

 

勤続年数について

勤続年数については、意外にも重要視されている項目です。年収額よりも勤続年数を重要視する金融機関も存在しているくらいです。当然、同じ勤務先に長く勤務しているほど、審査では有利となります。それだけ真面目で信用できると判断されるためです。

 

一般的には勤続年数3年以上あれば問題ないといわれています。
逆に年収が高くても、勤続年数1年未満では審査でも不利と判断されます。
勤続年数半年以下では、多くのケースでまず合格することが難しいでしょう。

 

電話形態について

最近では電話勧誘のわずらわしさや、家計の無駄を考えて、固定電話をつけていない家庭も増えてきています。以前では固定電話がなけけば借入できないという金融機関もありましたが、最近ではこのようなことはなく、固定電話に執着する金融機関は少なくなっています。むしろどこでも相手と連絡ができる携帯電話の価値が、審査でも高まっているといえます。

 

番号ポータビリティ制度の導入により、簡単に携帯電話番号を変更する方も少なくなっており、審査面でも携帯電話があれば、まず問題はないでしょう。

 

公共料金の滞納の影響は?

公共料金を滞納した方が、それだけの理由で審査不合格となることはあるのでしょうか。
実は公共料金の滞納が審査の不合格の理由とは考えることはできません。なぜなら公共料金を滞納しても、その事実を金融機関が知ることはできないためです。

 

個人信用情報には、公共料金の延滞は記録されません。

 

公共料金の引き落としを銀行などの口座から行っており、その銀行でカードローンを申込む、といった場合でなけけば、公共料金の滞納の事実を知ることは基本的にできません。

 

ただし公共料金の滞納はお世辞にも声を大にしていえることではなく、歓迎される事実でもありません。滞納するにはそれなりの事情があるはずですし、その事情がカードローンの審査でも大きく影響することがかなりの可能性で起こりえるのではないでしょうか。