カードローン審査

MENU

カードローン審査と在籍確認

カードローンの審査では「在籍確認」が行われます。

  • 「カードローンを利用したいけど在籍確認が不安」
  • 「カードローンの申込が勤務先にばれてしまうのでは」

 

このように思われる方も多いのではないでしょうか。
ここでは在籍確認に対する不安を一掃する情報を提供しましょう。

 

在籍確認とは?

そもそも「在籍確認」とは何なのでしょうか。

 

カードローンの審査で重要になるのが「安定した収入」です。
その裏付けとなるのが「どのような先で働いているのか」というポイントです。
そのために申込書には、必ず勤務先の情報を申告する欄が設けられています。

 

ところが勤務先の情報が間違っていると、借入後の返済にも悪影響を与える危険性があります。そのため審査では、申告された勤務先が確かなものなのか、確実にその勤務先に勤めているのかを確認する必要があります。これが「在籍確認」の目的です。

 

在籍確認の方法は?

在籍確認は審査担当者が申告された勤務先に電話をかける方法で行われます。
これが「勤務先にカードローンの利用がばれてしまうのでは」という不安の一番の理由でしょう。しかし在籍確認の次のポイントを知ることで、そのような不安を感じることなく申込を行うことができるのではないでしょうか。

 

  • 審査担当者はカードローン会社を名乗って電話しない。
  • カードローン会社の電話から電話しない(個人の携帯などから行う)
  • カードローンの在籍確認であることを伝えない(例えば「○○さんお願いします」とだけ伝える)

 

また在籍確認の電話がかかってきた場合、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はありません。同僚が「あいにく○○は席をはずしています」という回答であっても、それだけで在籍確認は完了となります。カードローン会社としては「在籍していることが確認」できればそれでいいのです。

 

通常在籍確認は審査の最終段階で行われます。カードローン会社としても、わざわざ勤務先に電話をかけてまで不合格とする意味がありません。在籍確認と思しき電話があれば、希望金額かどうかはともかく、審査には合格できたと判断できるでしょう。

 

在籍確認ができないければ

ただし在籍確認がとれなければ、最悪は不合格となることもあります。

 

在籍確認の不備が不合格となる理由には次のような事例を考えることができます。

・勤務先の会社の電話が料金未納などで止められている
・勤務先の電話に誰も出ない
・勤務先の会社の電話が転送設定されている
・勤務先の会社の方に「無断欠席している」と回答される
・勤務先の会社の方に「在籍していない」と回答される
・勤務先の会社の電話が携帯電話の場合

 

在籍確認ができなければ、せっかく属性審査に合格していても不合格となることもありえます。何からの事情で会社の電話がつながらないような場合には、必ず事前に審査担当者に伝えておくようにしましょう。

 

在籍確認の電話が無い金融機関も!!

また最近では勤務先に対しての電話確認を行わない金融機関も登場しています。ただし在籍確認を行わないというわけではありません。勤務先への電話確認の代わりとして、社員証や社会保険証、在籍証明書などで確認を行っているのです。

 

これまでの説明通り、在籍確認の電話が勤務先に行われたとしても、決して周囲にカードローンの申込がばれる心配はありません。それでも不安を感じる方は、書類の提出で在籍確認を行う金融機関を選択するのもひとつの方法でしょう。ただし条件等が各社で異なっていますので、あからじめ確認しておくとともに、担当者とよく相談を行うようにしましょう。